CRETの研究者 Staff

教育テストの問題開発研究所属研究員

澤海 崇文

澤海 崇文 -Takafumi Sawaumi-

CRET連携研究員、流通経済大学 社会学部 助教

趣味: テニスやヨガなどで定期的に体を動かすようにしています。語学学習にも励み、海外旅行も人生の楽しみの一つです。

研究テーマ:対人コミュニケーションやパーソナリティに興味があり、それらの比較文化研究が専門です。

最新論文

2017/10/28

日本社会心理学会第58回大会 発表報告
~シャイネスに対するイメージの日米比較~

広島大学にて、 2017 年 10 月 28 日から 29 日にかけて開催された日本社会心理学会第 58 回大会に、相川理事および稲垣研究員と参加して発表を行ってきました。   開催期間の現地の天候はあいにくの台風でしたが、一度会場に入ってしまえば建物の外に出る必要はなく(外に出て無駄な時間を過ごすことなく)、研究発表に集中することができました。いくつかの非常に興味深いワークショップやシンポ...

>> 詳細はこちら

2017/08/26

The 12th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology 発表報告
~Differences Between the U.S. and Japan in Impressions Toward Shyness: Factors Affecting Good or Bad Judgment~
(シャイネスに対する印象の日米比較―良否判断に影響を及ぼす要因の検討―)

 ニュージーランドのオークランドにて、2017年8月26日から28日にかけて開催されたThe 12th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychologyに参加しました。    オセアニアに降り立つのは今回が初めてで、ニュージーランドは日本との時差が3時間しかないため、時差ぼけはあまり感じませんでした。ですが、南半球に位置しているので季節が逆転しており、8月だというのに上着を取り出して空港に向...

>> 詳細はこちら

学会レポート

2016/08/08

第11回KG-RCSPセミナー 参加報告
~日韓IATの試み: 二国間比較実験から~

兵庫県西宮市の関西学院大学にて、2016年8月8日に開催された第11回KG-RCSPセミナー「日韓IATの試み: 二国間比較実験から」(講演者: 小林哲郎氏)に参加しました。   CRET相川研の藤井班では、潜在連合テスト(Implicit Association Test: IAT)という測定法を用いて研究を続けています。本セミナーの題目にIATという言葉が入っていたことや、二国間の比較という内容にも興味が湧き、参加を決めました。   ...

>> 詳細はこちら

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら