CRETの研究発表論文 Dissertation

CRETから、最新の教育・テストに関する研究発表論文をお届けします。

日本教育心理学会第60回総会 発表報告
制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?

2018年9月15日(土)から2018年9月17日(月)にかけて、神奈川県横浜市にあります慶應義塾大学日吉キャンパスにて開催されました日本教育心理学会第60回総会に参加し、ポスター発表を行いました。初日はあいにくの雨でしたが、最寄り駅から大学までの距離も近くアクセスのよい場所であったため、問題なく大学までたどり着くことができました。私自身、慶應義塾大学三田キャンパスには何度か訪れたことがありましたが、日吉キャンパスは初めての訪問となりました。少し散歩をしてみると予想以上に敷地が広く、様々な設備が整ったとてもきれいなキャンパスで、このような環境で学べる学生を羨ましく思いました。隣では、付属校と思われる学校の説明会も実施されており、希望と不安でいっぱいの学生やその保護者を横目に会場に入りました。

 

今回の学会のコンセプトは「教育を実学(サイヤンス)する」でした。慶應義塾大学の精神の1つに「実学」というものがあります。創設者でもある福沢諭吉のいう「実学」は、すぐに役立つような実用的な学問ではなく、「科学(サイヤンス)」のことを指し、実証的な物事を究明していく科学的な姿勢を大切にしているそうです。上記のようなコンセプトのもと、学会では連日熱い議論がなされました。

 

私は外山研究員・長峯研究員・湯研究員・相川理事と連名で「制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?」という題目でポスター発表を行いました。これまでの私たちの一連の研究では、制御適合を経験するとパフォーマンスが向上することを示してきました。しかし、従来の研究は主に成人を対象としたものが多かったため、小学生を対象としても同様の結果が得られるのかを確認することを目的として研究を進めています。昨年度、アトランタで開催されたSPSP(Society for Personality and Social Psychology)にて私たちが発表した研究でも、小学生を対象としても制御適合の経験がパフォーマンスの向上につながることが示されましたが、今回の日本教育心理学会第60回総会で発表した研究では異なる課題においてSPSPで発表した研究と一貫した結果が得られるのかを検証しました。そして本研究においても以前の結果が再現され、促進焦点の子どもは、速く課題を解く(熱望方略)ように指示された際に、制御適合が生じ、速さに関わるパフォーマンスが高くなることが一貫して示されました。

 

発表は初日の最初の枠であり、雨も降っていたため、発表を見に来ていただけるのか不安でしたが、結果として多くの方にポスターを見に来ていただきことができました。昨年度に実施したシンポジウムや私たちの一連の研究論文を通して興味を持ち、話を聞きに来てくださった方も多数おり、これまでの研究の取り組みの甲斐があったと強く感じました。教育心理学会は、大学の研究者のみならず、小学校、中学校、高等学校の教師など教育現場で活躍している方も多数集まる学会です。そのため、制御焦点に精通した研究者だけではなく、教育実践を行っている方からも意見を伺うことができ、この研究を教育現場にどのように還元していくのかという点についても議論を行うことができました。特に、今後どのような課題のパフォーマンスを扱うのか、教育への応用可能性に関して、有益な示唆を得ることができました。今回の発表の中でいただいたアドバイスを参考に、今後も研究を進めていきたいと思います。

 

来年度の教育心理学会は東京の日本大学で開催される予定です。私たちの研究成果は教育心理学会が発行している雑誌「教育心理学研究」に多数掲載されております。今回の学会を通して、多くの学会員の方に注目していただけていることを実感しました。今後も継続して教育心理学会に参加し、研究成果の共有に励みたいと思います。

 

 

制御適合は小学生のパフォーマンスを高めるのか?

(三和 秀平・外山 美樹・長峯 聖人・湯 立・相川 充)

 

 (CRET連携研究員 三和 秀平)


三和 秀平 -Shuhei Miwa-

CRET連携研究員 / 関西外国語大学 外国語学部 助教

趣味:バスケットボール、ゴルフ、散歩

研究テーマ:動機づけ、特に教師の動機づけに関して研究しています。

研究発表論文

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら