CRETの関連書籍紹介 Book

CRETから、最新の教育・テストに関する書籍情報をお届けします。

大学生のためのリサーチリテラシー入門 ―研究のための8つの力―

大学生のためのリサーチリテラシー入門 ―研究のための8つの力―

大学生のためのリサーチリテラシー入門 ―研究のための8つの力―

山田 剛史・林 創(著)
ミネルヴァ書房(2011年5月)
本体価格:2,520円

 

東京大学大学院 教育学研究科 登藤 直弥

 

  本書「大学生のためのリサーチリテラシー入門―研究のための8つの力―」(ミネルヴァ書房) は、岡山大学大学院教育学研究科の山田剛史先生と林創先生が執筆された「リサーチリテラシー(研究を遂行するために必要な基礎的能力)」に関する書籍である。主に学部2~3年生や修士課程1年の学生を対象とし、大学で学ぶにあたって、あるいは、研究し論文を執筆するにあたって必要とされる8つの力とそれらを身に着けるための方法について、心理学の知見も交えながら、丁寧な記述がなされている。
  本書の特徴として挙げられるのが、全体に渡り「複眼的なとらえ方」を意識していることである。本書で言う「複眼的なとらえ方」とは、「メタ認知、クリティカルシンキング、心の理論を働かせる」ということであり、例えば、研究成果を学会等で発表する場面においては、「『心の理論』を使って、聞き手の立場に立ち、聞き手を意識」することで、「メタ認知」を働かせることができるようになり、発表もよりよいものとなる。このように、「複眼的なとらえ方」を意識して本書の内容を実践することにより、「リサーチリテラシー」は養われていくのだという。

   本書ではリサーチリテラシーに関する8つの力が取り上げられているのだが、ここでは特に、2章の「課題発見力」に注目したい。本書でも述べられているように、研究を行うにあたって最も困難なことの一つが自分自身で研究テーマを見つけることであろう。本章ではこの「テーマの決め方」について、実際に卒論生や大学院生が研究テーマを決めた経緯や「クリティカルシンキング」との関連も踏まえながら的確で明瞭な指針が示されており、既に研究に取り組んでいる大学院生等にとっても、本章から得られるものは多いことだろう。
   8つの力としては、「課題発見力」の他にも、「情報収集力」、「データ分析力」といった能力が紹介されているのだが、社会生活を営む上でも、これらの能力は大いに役立つものであろう。これから研究に取り組もうとしている学生や既に研究活動に携わっている学生・大学院生はもちろんのこと、研究活動とはあまり関わりのない方々にも、是非ご一読いただきたい一冊である。

その他研究員 -Other Researcher-

関連書籍紹介

Reasearch label
2016-07-07

デジタルで教育は変わるか

赤堀 侃司

Reasearch label
2012-06-11

Excelではじめる社会調査データ分析

その他研究員

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>

CRETの研究領域

テストの評価や解析についての研究を行う。海外の教育テスト研究機関との協同研究や交換プログラムなども実施。







>> 研究室の
詳細はこちら

コミュニケーション能力、チームワーク能力、ソーシャルスキルなどを測定するテスト方法の研究開発を行う。

相川 充

-Atsushi Aikawa-
筑波大学 人間系
博士(心理学)

>> 研究室の
詳細はこちら

コンピューターベースのテストの基盤研究や、メディアと認知に関わる基礎研究、およびそれらの知見を活かした応用研究および実践研究を行う。

赤堀 侃司

-Kanji Akahori-
東京工業大学 名誉教授

>> 研究室の
詳細はこちら